TEL

接骨院と併用可能な整形外科をご紹介します | 本庄・玉村町の交通事故・むちうち施術実績多数の交通事故整骨院

Blog記事一覧 > 交通事故 > 接骨院と併用可能な整形外科をご紹介します

接骨院と併用可能な整形外科をご紹介します

2016.08.02 | Category: 交通事故

交通事故にあい、ケガをすることは、誰も望んでいません。

もし交通事故にあってしまったら、学校や仕事などを休まなければならい場合もありますし、しばらくは通常の生活を送れなくなってしまうかもしれません。

そして、交通事故にあってしまった場合、交通事故にあった後すぐには症状が現れていなくても、後々になって辛い症状がでてくることもあります。

こうした交通事故後の症状の出かたの遅れは、心理的な怖さからくる場合も存在します。

交通事故にあった事実が心の痛手になってしまい、カラダや心に怖さをもたらしてしてしまうことになって、いろいろな不調が出現してきてしまうこともあります。

交通事故後のむち打ち症の場合もすぐには身体に表れないこともあります。

交通事故にあい、数日経過後、時間が経ってから身体にだんだんと発症する場合もあります。

交通事故後のケガが軽症であるならば、長くかからない施術期間で良化させる事も可能な場合もありますが、交通事故後の症状が長引き慢性化してしまった場合は、長い年月付き合って行かなければならない状態に固定化されてしまうことさえあります。

交通事故にあってしまった後すぐには痛み、張り、だるさなど自分で感じる症状が見られないケースであっても、本庄・玉村町の交通事故施術センター(接骨院がく)、伊勢崎茂呂院になるべく早くお越しになることが重要です。

状態をみて、必要であればその方の交通事故後の症状に合った整形外科や病院に紹介状を書くこともできます。

交通事故にあった際こういったことを早くおこなうことで、交通事故の対応も異なってきますし、いざ痛みなどの自覚症状が現れた場合の保険の適応も変わってきます。

交通事故後長期になり慢性化した場合、しばらく期間が経ってから痛みがでてくることも多く見られますので、

交通事故後、いま現在は痛みなどの自分で感じる症状がないからなどと簡単に捉えずに、しっかりと接骨院がくで状態を確かめるべきだとおもいます。

交通事故にあってしまった時に、非常に大きいケガではなくても、むちうちになることは多々あります。

人の首の動かせる範囲は前と後ろどちらもともに約60度くらいしか動かないと言われています。

交通事故によってその範囲を上回って、伸ばされたり縮んだりなど、無理にうごかされてしてしまうと、首周辺の筋肉や筋などを傷つけ、痛みを伴う様々な症状が現れるわけです。

中でもぶつかる瞬間が見込める、前方から当たるよりも、全く予知する事が出来なかったりする後方からの事故の場合は顕著に表れます。

これは、交通事故になる瞬間、首肩の筋肉に力をいれ、首肩にかかる力を受け止める事ができるかどうかで決まってくることになります。

交通事故の際、横から当たってしまった時はなどの場合は、首肩にいろいろな方向からの力が加わってしまい、交通事故により発生する症状が重症化する割合が増加します。

そのような交通事故後の施術においては、まずは本庄・玉村町の交通事故施術センター(接骨院がく)か伊勢崎茂呂院にお越しいただき、状態を確認してから、交通事故の施術に力を入れている整形外科や病院に紹介状を書かせていただきます。

ですが、身体や関節、筋肉の問題がほとんどになりますので、見た目上もX線検査でも、はっきりとした体の変化はわかりにくく、診察しても根本の原因を特定しにくい場合も多くあります。

そのようなことから交通事故にあったお客さんの状態をカウンセリング、触診するお医者さんが一人の忙しい整形外科では

毎回その都度、先生が症状を確認しての根本的な施術をするのが困難なことがほとんどで。

投薬やシップ薬などでは、日によって変化しやすいむちうちの施術は困難であるということになります。

交通事故施術において、毎回、お客様お一人一人の訴えを傾聴し、日常生活やその方の体質なども考慮に含めた施術が必要不可欠になってきます。

本庄・玉村町の交通事故施術センター(接骨院がく)、伊勢崎茂呂院にお越しのお客様は

月に数回、整形外科にてカウンセリング、検査をしてもらい、その他の日には必要な範囲でなるべく続けて接骨院がくに

通院なさる方が多いです。また最近保険会社の担当者からも交通事故にあった際にそのように勧められるお客様が多くみられます

本庄・玉村町の交通事故施術センター(接骨院がく)、伊勢崎茂呂院では交通事故にあったお客様の症状を毎回確認し、その時々にあった施術をご提供いたします。