TEL

交通事故現場でまずやること | 本庄・玉村町の交通事故・むちうち施術実績多数の交通事故整骨院

Blog記事一覧 > 交通事故 > 交通事故現場でまずやること

交通事故現場でまずやること

2016.07.29 | Category: 交通事故

☆ 高崎市・前橋市・玉村町周辺にお住まいの方は 接骨院がく韮塚院(交通事故施術センター)へ

☆   0270-50-7833

☆ 伊勢崎市・本庄市・太田市周辺にお住まいの方は 接骨院がく茂呂院(交通事故施術センター)へ

☆   0270-20-7833

接骨院がくには、毎日のように交通事故にあわれた方からの相談があります。お気軽にお電話ください。

 

道路交通法(72条1項前段)の原文には「交通事故があったときは、当該交通事故に係る車両等の運転者その他の乗務員は、直ちに車両等の運転を停止して、負傷者を救護し、道路における危険を防止する等必要な措置を講じなければならない。」とあります。

交通事故が起こった際には以下の3点をすることが重要です。

①負傷者の救護

負傷者を安全なところに移動させ、必要であれば救急車の手配などを求めます。

救護措置をとらずに現場を立ち去ってしまうと、ひき逃げ(救護義務違反)となり処罰されます。

②道路上の危険の除去

他の通行車両や歩行者に二次災害が発生しないように危険なものなどをできるだけどかすように処置します。

③警察への報告

最寄りの警察署(交番、駐在所)の警察官に、事故を報告します。

 

現場の道路の状況、交通事故の起こった場所、車の停車位置、被害者の負傷地点、事故車両の損傷の度合いなど、交通事故の事故状況の証拠を集めておきましょう。

今後の手続きに役に立つことも多くあります。また通知を怠ると、保険金が支払われない場合もあります。

目撃者がいる場合は、目撃者の方の住所、氏名、連絡先など話を聞いて書きとめておくことも大切です。

カメラなどがあれば撮影しておくのも有効な方法だと思います。

ご自身が加入している保険会社への通知も忘れずにしてください。

その後、なるべく早く接骨院がくにご連絡いただき、お体に対する注意点、応急処置の方法、交通事故の相談をしてください。

☆ 高崎市・前橋市・玉村町周辺にお住まいの方は 接骨院がく韮塚院(交通事故施術センター)へ 0270-50-7833

☆ 伊勢崎市・本庄市・太田市周辺にお住まいの方は 接骨院がく茂呂院(交通事故施術センター)へ 0270-20-7833

毎日のように交通事故にあわれた方からの相談があります。お気軽にお電話ください。