TEL

交通事故後の救護義務 | 本庄・玉村町の交通事故・むちうち施術実績多数の交通事故整骨院

Blog記事一覧 > 交通事故 > 交通事故後の救護義務

交通事故後の救護義務

2016.07.15 | Category: 交通事故

交通事故後

ケガをした人(負傷者)がいる場合、当然の事ですが

ケガした人を救護しなければなりません。

ここでいう救助とは、救急車を呼んで到着まで付き添う、
近くの病院まで連れていく等です。

ケガ人がいる場合は必ず救護しましょう!

負傷者がいるのに救助・救護を行わない場合、
救護義務違反となり、加害者は道路高通法によって
処罰されます。

 

負傷者がいないと思って現場を立ち去ったり、
軽いケガだと思って救護しないで立ち去った場合も
ひき逃げと同様に罰せられてしまいます。

交通事故はほとんどの場合一瞬で予期せず起こります、交通事故後のショック状態で

気が動転している時もあるかと思いますが、

ケガ人を安全な場所で休ませること

ケガが重篤に思ったら迷わず救急車を呼ぶことが大切です

入院が必要なケースは

退院後交通事故施術センター(接骨院がく)と病院を併用しての通院も可能です

交通事故でお悩みの方が周りにいましたら

交通事故施術センター(接骨院がく)までご連絡ください

毎月多くの方がお越しになられます。安心してお電話ください