TEL

交通事故施術の示談のポイント | 本庄・玉村町の交通事故・むちうち施術実績多数の交通事故整骨院

Blog記事一覧 > 交通事故 > 交通事故施術の示談のポイント

交通事故施術の示談のポイント

2016.07.04 | Category: 交通事故

交通事故施術の手続きの最後には交通事故の保険会社との示談(示談交渉)があります。

交通事故施術の示談とは「民事上の紛争について裁判外で当事者間に成立した和解契約のことをいう」とされています。

つまりわかりやすく説明すると、交通事故施術の示談とは. 当事者、お互いが歩みより、裁判をしないで和解することを いいます。

通常、交通事故施術の示談が成立した後は示談書の中で合意した内容以外のことを相手に請求することが出来なくなります。

交通事故施術の示談を行う時期に関してですが、車の修理やお身体の施術の両方が終了してから、要するに損害額が決定してからのタイミングが普通です。

交通事故の施術に関しての事でもう少し掘り下げて言いますと、症状が治り治癒になった、もしくは施術したが完全には回復せず症状固定になった段階です。 この時期に交通事故の慰謝料が提示されます

ここで一つ質問です!

交通事故施術の示談交渉は誰と誰が話をし交渉するものだと思いますか

 

交通事故で通院した経験がない方ですと自分の保険会社と相手の保険会社の、保険会社同士が話し合ってくれるものと思ってはいませんか?

実際のところは、通常相手側の任意保険会社と被害者(お客さん本人)とで示談の話し合いをすることになってきます。

それゆえに乏しい交通事故の保険の知識では交通事故の事故処理の際にしっかりとした評価をうけるというのが困難になってきます。

 

一方、(相手(加害者側)は保険会社が示談の代行をしてくれます。)すなわち加害者側の保険会社が手続きを代行し施術費や休業補償、慰謝料などの話をすることになります。

最終的な示談はやはり、交通事故後の施術や車の修理などがすべて終了したタイミングで、交通事故の程度やこれまでの経緯に応じて慰謝料の算定額を提示してきます。

※ 任意保険加入してない場合や無保険の場合などは交通事故の当事者同士の話し合いになることもあります。

算定された評価が、納得のいく示談金(慰謝料)の場合は示談書にサインと印鑑を押して保険会社に書類を郵送すればそれで交通事故の示談交渉終了となります。

※(損傷の大きい交通事故の場合は事故の程度が重い場合、後遺症が残る場合などもあり示談交渉がスムーズにいかないこともあります。)

交通事故の終了時にあなたと示談交渉をする相手は保険会社(交通事故処理のプロ)です。

被害者であるあなたはその交通事故処理ののプロと示談交渉しなければなりません。

ですので交通事故の処理の正しい知識を持ち、少しでも疑問に思うことは詳しい人に聞いてみたほうが良いと思います

(接骨院がくでは交通事故関係に詳しい行政書士、交通事故問題に力を入れている弁護士とも提携しておりますので、安心してご相談ください)、またインターネットで検索する方がいますがネットには間違った情報も多く書いてあります。近くの直接会って話ができる人に相談してみるのが一番だと思います。

保険会社を悪く言うつもりはありませんが、保険会社の担当者も会社員です。できるだけ会社に有利なように支払う金額を下げたいと考えています。

あなたのお身体の大切なことですし、示談交渉をすれば、その後は何を言っても後からは認められません。かといって何でも主張すれば良いというものではありませんが、適正な範囲内で受ける事が可能なものはもちろん受け取るべきだと思います。

悪い保険会社(保険会社も仕事です)であれば、あなたが知らないうちに本来であれば受け取れるはずの金額を、交通事故の知識がないことをいいことに、様々なことを言って減額していきます。

そのほか身体にケガを負ったまま施術を打ち切られることも、たまにある話です。

交通事故の症状が残り、下手をすると、身体に後遺症が残存するはめになり日常生活や仕事に支障を来たす可能性さえもあります。

従って、こちらもできるだけ交通事故の保険のことを知っておく必要がありますね。

交通事故にあってお困りでしたら

☆ 高崎市・前橋市・玉村町周辺で整骨院をお探しの方 

接骨院がく韮塚院(交通事故施術センター)へ 

☆ 0270-50-7833

☆ 伊勢崎市・本庄市・太田市周辺で整骨院をお探しの方

 接骨院がく茂呂院(交通事故施術センター)へ

☆ 0270-20-7833

最後にもう一度

示談は行う前には、必ず内容をよく確認し、検討してください。

一度示談をしてしまうと,特別な事情がない限りやり直すことはできないので、
疑問点があれば、必ず示談前に解消してください