TEL

むち打ちの根本的な原因は? | 本庄・玉村町の交通事故・むちうち施術実績多数の交通事故整骨院

Blog記事一覧 > 交通事故の相談 > むち打ちの根本的な原因は?

むち打ちの根本的な原因は?

2018.10.29 | Category: 交通事故の相談

むち打ちの根本的な原因は?

自動車を運転する際にはシートベルトを着装するため、

体は固定されていますが頭は固定されていない状態になります。

 

そのような状態で、

突然、追突などの交通事故に遭遇してしまうと、

衝撃で頭は一旦前に振られ

その後、反動で後ろに打ちつけられるようになります。

 

このような交通事故の衝撃により

首が可動域を超えて大きく揺さぶられることが原因で

発生するのがむち打ち症です。

 

また人間は、

危険を察知すると身構えて体を固くするため、

筋肉を固くして衝突の衝撃を十分に吸収できないことも

むち打ちの原因として考えられます。

 

このような原因によって首周辺では、捻挫・筋肉組織の挫傷・断裂

・末梢神経の損傷・頸髄の損傷などが起こり、

それにより痛みや不快感を起こしてしまうのです。

 

ちなみに衝撃を受けた際の首の動きが、

まるで鞭がしなる様子に似ていることから、

鞭打ち(一般的な表記はむち打ち)と俗称で呼ばれています。

 

なぜ病院の検査ではむち打ちの原因が判断しにくいのか?

基本的に交通事故に遭遇したら、

発生直後の自覚症状のあるなしに関係なく必ず病院に行き、

精密検査をしてもらう必要があります。

 

それは、レントゲンやMRIといった検査機器で検査することにより、

骨折や脱臼などの有無をしっかりと確認することができるからです。

 

また数日経過してから症状が発生することもあり、

その際に交通事故との因果関係を判断するために

早めに検査を行う必要があります。

 

しかし、むち打ち症は、

筋肉や神経などの損傷が多く、

レントゲンやMRIではそうした異常を発見しにくいのです。

 

しかし、病院での精密検査で異常が見つからなくても、

首や肩の痛みなど何らかの症状がある場合には、

医師に対して異常を訴えることも大切になります。

 

また症状がある以上は施術する必要があるので、

そのような時には

本庄・玉村伊勢崎交通事故施術センター

(接骨院がく)で

施術することを検討するのもひとつの選択肢です。