TEL

慰謝料や示談について | 本庄・玉村町の交通事故・むちうち施術実績多数の交通事故整骨院

示談とは何なのか?交通事故の慰謝料について

被害者と加害者が話し合って
自主的に問題を解決する方法のことを示談といい、
法律の条文中において示談に該当する言葉は和解になります。

 

その為に行われる示談交渉というのは、
被害者と加害者または双方の保険会社が、
示談金を確定する話し合いをすることを指すのです。

 

つまり被害者と加害者で示談金に対して食い違いが発生した場合に、
話し合いで双方が歩み寄って金額を決めて解決する交渉になります。

 

ちなみに、
最後にいくら支払って示談するかの話し合いなので、
被害者が完治または症状固定による
後遺障害等級が決定してから始められるのです。

 

ただ示談をする際に注意したいことは、
原則的に一旦示談が成立してしまうと、
後で異なる事実関係が判明したとしても

やり直しができないという点があることです。

 

交通事故の内人身事故だけに限定してみると

約95%が示談で解決していますが、

しっかりと交渉して納得できる解決を心がけることが大事になります。

 

なかなかご自身の症状をうまく伝えられない方は

施術を受けている接骨院の先生に相談すると良いと思います。

 

接骨院がくではお客さんに代わって症状を保険担当者に伝えることができます。

 

示談金と慰謝料にはどのような違いがあるのか?

このようにして決定される交通事故における示談金のことを

慰謝料と考える方は少なくないですが、

実は示談金と慰謝料というのは違うものなのです。

 

示談金というのは、被害者が交通事故により受けた損害の

全てを金額に換算した賠償金のことで、

先にも触れましたが被害者と加害者の双方が合意した金額となります。

 

 

具体的には、

施術費・休業損害・入院雑費・通院交通費など実際に発生する費用と、

被害者が受けた精神的な苦痛を金銭に換算した慰謝料です。

 

このことからも理解できるように、

慰謝料というのは示談金の一部に該当するもので、

示談交渉の中で決まる不確定な金額と言えます。

目安を割り出す計算方法はありますが….。

 

その為、示談金を決める際には慰謝料の

相場金額を知って交渉することも大切で、

保険会社の担当者など専門家のアドバイスがとても重要になります。

交通事故の慰謝料コラム

交通事故の慰謝料コラムはこちらをクリック