TEL

交通事故の保険(自賠責保険・任意保険) | 本庄・玉村町の交通事故・むちうち施術実績多数の交通事故整骨院

交通事故の保険制度について

バイクや車を購入し、新たに使用開始するにあたって
必ず加入することになるのが、「自賠責保険」です。

 

自賠責保険とは自賠法に基づき
交通事故により被害を受けた人を最低限補償するために
公道を走る車やバイクには必ず加入が必要な保険で、
このことから「強制保険」と呼ばれることもあります。

 

「交通事故による人身損害の最低限を保証する」ものですから、
適用されるのは対人補償のみ、
それも加入者自身ではなく相手側の負傷に対して保険金が支払われるもので、
対物や自分自身の怪我に対して支払いを請求することはできません。

 

また自賠責には限度額があり、
怪我に対する損害賠償は120万円を限度額として

入院1日4200円、通院1日2050円、休業損害は1日5700円、
その他交通費や諸雑費なども補償されます。

後遺障害慰謝料としては75~4000万円、
死亡事故の場合は3000万円が限度額となっています。

 

しかし事故によっては自賠責保険の限度額内に収まらない
損害賠償金が請求されることもあります。
この自賠責保険では賄えない部分を補うのが、「任意保険」です。

加入の義務がないため「任意保険」と呼ばれますが、
自賠責保険の不足分を補充する保険ということから、
自賠責保険を「下積み保険」、
任意保険を「上積み保険」と呼ぶこともあります。

 

任意保険には自賠責保険にはない様々なオプションも付けられており、
対物補償や自身や同乗者の怪我に対する補償なども
受け取ることができます。

ただ、被害者を保護する目的で作られている自賠責保険は、
それだけに任意保険よりも対人補償内容に優れている部分もあります。

例えば任意保険では過失相殺により
受けられる金額が減額されますが、
自賠責保険では被害者に重過失がある場合を除けば、
基本的に過失相殺を受けることがありません。

 

自賠責保険は交通事故施術のために支払われる賠償金ですから、
接骨院で施術を受ければ勿論その施術費の支払いも
受け取ることができます。

 

本庄・玉村交通事故センター(接骨院がく)でも
お客様自身による支払いは一切不要で、
当院にて自賠責保険へ施術費を請求させていただきますので、
ご安心ください。

交通事故保険のコラム

交通事故保険のコラムはこちらをクリック