TEL

交通事故の診断書について | 本庄・玉村町の交通事故・むちうち施術実績多数の交通事故整骨院

交通事故には「物損事故」と「人身事故」があり

ケガの有無により決まりますが、

これを証明するのは「診断書」です。

 

診断書とは交通事故による負傷で

施術が必要になったことを証明する書類で、

これを警察に提出すれば「人身事故」

として処理され、

検察官によって刑事処分が吟味される他、

行政処分によって運転免許に

違反点数がつきます。

 

つまり診断書の提出によって

人身事故と認められると

刑事処分と行政処分の両方が

科される可能性がありますが、

実際にはそれほど重大な過失ではないと

判断された場合に、刑事処分が科されることは

殆どありません。

 

ただし、人身事故の被害者は加害者に

その損害賠償を請求する権利があることは

民事上認められています。

 

つまり施術費を支払ってもらう

権利があると言うことです。

例え自分の過失割合の方が大きいとしても

事故によって負傷しているのであれば

相手側の自賠責保険に

施術費を請求できますので、

必ず診断書を提出するようにしましょう。

 

ではその診断書は

どこで手に入れることができるかと言うと、

事故によるケガで通院した病院です。

接骨院でも診断書が書けますが、

通院した病院・整形での診断書が

求められる場合もあります。

 

一度、接骨院に来ていただき

症状を確認した上で、

交通事故に力を入れている病院や整形外科に

紹介することも可能です。

 

万が一後遺症認定を受けることになる場合は

接骨院だけの通院だと

後遺症認定が受けられないので、

最低月に1度は整形・病院での

通院が必要になります。

 

また、もし保険会社の担当者から病院や整形の

診断書をもらってきてくださいと言われた場合も、

受診して一度診断書を作成してもらえば

賠償金を受け取る権利が発生しますから、

その後は接骨院を利用し

その施術費を請求することも可能です。

 

この場合、

柔道整復師が施術の証明書類として

発行するのは「施術証明書」、

その費用の証明書は「施術費用明細書」と呼ばれます。

 

当院「接骨院がく」でも、

本庄・玉村・伊勢崎周辺で交通事故施術を

必要とされるお客様より

高い支持を頂いております。

交通事故による症状にお悩みの方は是非ご来院ください。