TEL

交通事故の後遺症について | 本庄・玉村町の交通事故・むちうち施術実績多数の交通事故整骨院

後遺症とはどのようなこと?

交通事故などで負傷した場合、

急性期症状が落ち着いたにも関わらず

何らかの機能障害や症状・傷痕などが

残ってしまうことを後遺症と言います。

 

 

交通事故の後遺症は、

・症状が落ち着いても体に障害が残る場合、

・施術が終了したあとに残る症状、

・完治せず症状改善の見込みのない症状

の3つです。

 

通常、6ヶ月間病院などで施術しても

症状の改善が見られない場合には、

医師が症状の固定と判断して

後遺障害診断書が発行されます。

 

その診断書を基に損害保険料率算出機構が

後遺障害と認めると、

後遺症として残る症状に対して

交通事故の加害者側に損害賠償請求ができるのです。

 

ただ、

後遺症には目に見えやすいものと

見えにくいものがあって、

関節の可動範囲が限られる、

傷跡が残るなどは見えやすい後遺症と言えます。

 

この場合は交渉の認定基準が数値化されているために、

客観的にとらえることが可能ですが、

見えにくい後遺症はなかなか

数値として表すことが難しいです。

 

その代表的な例が、

交通事故で多くみられるむち打ち症による

首の痛みや腕のしびれなどが残るケースで、

筋肉や神経の損傷は目に見えにくいことが

困難な理由となります。

 

むち打ち症と後遺症

むち打ち症は後遺症を残す可能性の高い傷害ですが、

見えにくい後遺症の代表的な症状なので、

できる限り早い段階で総合的な

検査を受けておくことが大切です。

 

一般的にカウンセリング・触診・レントゲンなどの

検査で診断されますが、

後遺症に備えてジャクソンテスト・スパーリングテスト・

反射検査・知覚テストなどの神経学的検査も必要と言えます。

 

 

また電気生理学的検査・平衡神経学的検査・

SPETなどによる補助診断も

重要になる可能性もあって、

このような検査を総合的に受けておくと

詐病と疑われることを回避できます。

 

ただ、むち打ち症と後遺症について

分からないことも少なくないので、

そのような時には本庄・玉村・伊勢崎交通事故施術センター

(接骨院がく)に相談してみるのも良いです。